生前贈与を活用した相続税対策

生前贈与とは、生きているうちに(相続が発生する前に)相続予定者に資産を移すことを言います。これによって将来負担すべき相続税額を減少させることができ、準備する納税資金も少なくて済むようになります。
ここでは、生前贈与を活用した相続税対策を、具体的な事例と共にご説明します。

大地主の場合

多くの土地を所有する大地主の場合は、生前贈与だけでは相続税の大きな節税効果は期待できません。より効果的な生前贈与の活用例をご紹介します。

アパート・賃貸マンション経営者の場合

「相続時精算課税制度」を活用することで、アパート・賃貸マンション1棟を贈与することが可能となりました。財産と収益の両方を相続人に残す対策をご説明します。

財産別に生前贈与をする場合

生前贈与は、財産の種類により贈与のポイントが異なります。預貯金・株式などの主な財産別に、その違いをご説明します。

通常贈与制度を活用した贈与

年間110万円の基礎控除が認められている、「通常贈与」を活用した相続対策をご説明します。

相続時精算課税制度を活用した贈与

資産継承がスムーズで大型の生前贈与も可能な、「相続時精算課税制度」についてご説明します。

各制度の活用事例

「通常贈与制度」、「相続時精算課税制度」のそれぞれを利用した、具体的な活用事例をご説明します。