都市計画税とは

都市計画税とは

都市計画税は、都市計画事業や土地区画整理事業などの費用にあてるために課される市区町村税です。固定資産税との違いは、都市計画税で集められた税金は、一定の目的(道路整備や公園や下水道設備)のためにしか使えないというところです。

納税義務者

毎年1月1日現在、市街化区域内に土地・家屋を持っている人。

都市計画税の対象となる資産

都市計画税の対象は、市街化区域に所在する土地及び家屋です。

課税標準額

原則として、固定資産の価格が課税標準額となります。

税額の計算方法

税率は最大0.3%(国の基準)です。ほとんどの市区町村はこの制限税率で課税していますが、中には低い税率を適用しているケースもあります。

課税標準額×税率0.3%=税額

免税点

同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が、以下の金額に満たない場合には、その区分についての都市計画税は課税されません。

免税点
  • 土地30万円
  • 家屋20万円
  • 償却資産150万円

納税方法

都市計画税は固定資産税と合わせて、一括納税または年4回に分けて納めます。