アパート・賃貸マンション経営による所得税対策

アパート・賃貸マンション経営による節税対策には様々なものがあります。ここではその代表的な節税対策として「賃貸経営による節税効果」「法人設立による節税」「所得税を大幅に軽減、小規模企業共済制度」「所得が増えた場合の節税対策」の4点について具体的な事例と共にご説明します。

賃貸経営による節税効果

アパート・賃貸マンション経営において、支出のない必要経費をいかに多く算出するかが、所得税の節税ポイントとなります。ここではその方法についてご説明します。

法人設立による節税

不動産管理会社を設立することで所得税の軽減を図る、アパート・賃貸マンションの「法人化」についてご説明します。

所得税を大幅に軽減「小規模企業共済制度」

小規模企業共済制度とは、国が作った退職金制度です。アパート・賃貸マンション経営者にとってたくさんのメリットがある、小規模企業共済金制度についてご説明します。

所得が増えた場合の節税対策

いくつかの理由から不動産所得は、時を経るごとに増えていく運命にあります。ここでは不動産所得を低く抑えるための対策をご説明します。