所得税の基礎知識

所得税とは、その年の1月1日から12月31日の個人の所得に対して課せられる税金です。所得税の税率は、所得が高くなるにつれ段階的に税率が高くなる「超過累進課税方式」を採用しています。

所得税の概要

所得税とは、私たち個人の所得に対してかかる税金です。この所得とは、簡単に言えば、私たちがいろいろな形で手にする収入から経費などを差し引いた利益を言います。

具体的には、会社に勤めて給料をもらったり、商売をして得た利益などです。ただし、社会政策的な理由などから所得税のかからない所得もあります。例えば、年金や雇用保険の失業給付などの所得には課税されません。

超過累進課税方式
所得が多いほど税率が高くなる課税方式です。税率は以下のようになっています。
所得額 税率 控除額
330万円以下 10% 0円
330万円超〜900万円以下 20% 3万円
900万円超〜1,800万円以下 30% 123万円
1,800万円超 37% 249万円
所得税のポイント
  • 所得税は国の歳入のうち5分の1を占め、法人税や消費税など国税の中でも最も比重が高いものです。1年間のすべての所得から、あらかじめ定められた所得控除を差し引いた残りの金額を課税所得と言います。所得税は個人の所得の中でも、この課税所得に税率を適用します。
  • 所得金額は、給与所得や事業所得など、その性質によって10種類に分類されています。それぞれの所得について、収入や必要経費の範囲、そして課税所得の計算方法が詳しく決められています。
  • 所得控除は、個人的な事情を考慮して税負担を調整するという役割を担っています。例えば、医療費を支払った時には、その負担を軽くするために医療費控除が認められています。また、配偶者や扶養家族がいる場合には、それぞれ配偶者控除や扶養控除が認められ、税の負担を軽くします。
  • 条件さえ合えば、一旦納めた税金の一部が戻ってくるという還付制度もあります。この場合は、納税者による手続きが必要となります。
  • 所得税は、所得が多くなるにつれて段階的に税率が高くなる「超過累進課税方式」を採用しています。これは、納税者がそれぞれの支払能力に応じて公平に税を負担すると同時に、行政サービスなどを通して行なわれる所得の再分配という効果があります。
  • 納税は、原則として確定申告によって行なうこととなっていますが、サラリーマンの場合は毎月の給与やボーナスから源泉徴収されます。