相続税の基礎知識

相続が発生したとき、財産の分け方でトラブルが起こらないように、「相続人になれる人」や「相続人の順位」などが民法で定められています。

相続人とは

亡くなった人を「被相続人」と言い、その遺産を受継ぐ人を「相続人」と言います。相続人になれる人は原則として身内に限られています。身内といっても、子供から甥や姪など、その範囲は広くなりますが、そこには制限が定められています。

相続人が先に死亡していた場合

被相続人よりも先に相続する人が亡くなっていたら、その子供が代わりに相続することができます。これを「代襲相続」と言います。例えば第1順位の子供が先に亡くなっていた場合は、子供の子供(つまり孫)が代わりに第1順位の相続人になります。

≪ 相続人の相続順位 ≫
  • 配偶者 常に相続人となる
  • 第1順位 子供(養子含む)※子供が先に死亡している場合は、その子供の子供(直系卑属)
  • 第2順位 親(子供がいない場合)※親が死亡し、祖父母がいる場合は、祖父母(直系尊属)
  • 第3順位 兄弟姉妹(子供も親もいない場合)※兄弟姉妹が死亡し、その子供がいる場合は、甥・姪