相続税の基礎知識

相続税の総額は、それぞれの相続人が、法定相続分通りに財産を受継いだと仮定したうえで算出します。

相続税の計算の仕組み

相続税の総額は実際の遺産分割にかかわりなく、遺産総額および法定相続人という客観的な基準によって算出されます。そのうえで、相続税の総額を実際の取得財産の割合に応じて按分して、各人の相続税を算出する仕組みになっています。

相続税を算出するまでのプロセス

(1) 財産を評価・集計し、課税価格を計算する

課税価格の合計

(2) 課税遺産額を計算する

課税される遺産額

(3) 税額を計算する

相続税の総額

(4) 実際の相続分から、各相続人別の税額を計算する

各相続人別の税額

(5) 各種税額控除後の納付税額を計算する

税額控除後の各人の納付税額