相続税の基礎知識

相続税には「基礎控除額」があり、それを超える部分が相続税の課税対象になります。また、「基礎控除額」は法定相続人の人数によって異なるため、残された財産の額が同じであっても、相続人の数により税額は変わってきます。

相続税の課税対象

相続税は、遺産総額から非課税財産を差し引いた「正味遺産額」が「基礎控除額」を超える場合に、その超える部分が相続税の課税対象になります。

「正味遺産額」が「基礎控除額」を超えると相続税がかかる!

基礎控除額の算出方法

基礎控除額は5,000万円に、法定相続人の数に1,000万円をかけた額を足して求めます。そのため、法定相続人の数によって基礎控除額は変わります。

法定相続人 基礎控除額 計算式
配偶者 子供
6,000万円 5,000万円+(1,000万円×法定相続人1人)
7,000万円 5,000万円+(1,000万円×法定相続人2人)
8,000万円 5,000万円+(1,000万円×法定相続人3人)
9,000万円 5,000万円+(1,000万円×法定相続人4人)
7,000万円 5,000万円+(1,000万円×法定相続人2人)