相続税ケーススタディ

相続税ケーススタディでは、相続に借金があった場合や、遺言書があった場合、また、生命保険・贈与を受けた場合や相続税が支払えない場合など、相続の様々なケースについてご説明します。

相続財産に借金があった場合

相続人は財産だけでなく、債務も請け負わなければなりません。相続税から債務を差し引く計算方法をご説明します。

遺言があった場合

生前に自分の意思を残しておく最適な手段が遺言です。遺言の基本的な内容をご説明します。

生命保険を受領する場合

相続人が受け取る生命保険は一定額が非課税となります。その計算方法をご説明します。

財産の贈与を受けていた場合

被相続人の死亡前3年以内に、相続人が贈与を受けていた場合は、その財産が課税対象となります。その対処方法をご説明します。

相続税が払えない場合

期日内に相続税が支払えない場合も考えられます。そのための措置、「延納」や「物納」についてご説明します。