固定資産税対策

固定資産税にも節税の余地があります。ここでは対策方法として、「住宅を建てると税金が軽減される」「分筆することで評価減が図られる」「固定資産税台帳と現況をチェックする」「公共・公益性が伴う固定資産」の4点についてご紹介致します。

住宅を建てると税金が軽減される

住宅用地には課税の軽減措置として、課税標準を低くする特例があります。この措置を活用し、固定資産税や都市計画税を大幅に節税する方法をご説明します。

分筆することで評価減が図られる

一つの地番に複数の建物が建っている場合に分筆を行なうことで、固定資産税の評価額を下げる方法をご説明します。

固定資産税台帳と現況をチェックする

固定資産税台帳の内容が誤って記載されているケースがあります。固定資産税台帳と現況とをチェックする際のポイントをご説明します。

公共・公益性が伴う固定資産

公共の用に供する道路には固定資産税はかかりません。その他の道路なども含め、非課税となる要件をご説明します。