リフォームをする

日本は、地震大国と言われる程地震が多く、いつ大きな地震が起きても不思議ではありません。もしものときに、入居者様の安全を守るためには、建物の耐震性を高めておく必要性があります。 ここでは、賃貸住宅の耐震性を高めるリフォームについてご紹介します。

築年数の古い木造アパートなどは要注意

近年、日本では毎年のように大きな地震が発生し、建物の倒壊などの被害も多発しています。特に、建築基準法の新耐震設計基準が施行された1981年(昭和56年)よりも以前に建てられた木造住宅は倒壊のリスクが高いため、築年数の古い木造アパートについては、入居者様の安全と安心を確保するためにも、耐震性能を向上させる必要性が高まってきています。

耐震リフォーム

耐震補強が必要な建物

阪神・淡路大震災では、1981年よりも以前に建てられた木造住宅の多くが倒壊しました。その倒壊の原因となったのは、筋交いが入っていないことによる壁の強度不足基礎や土台の強度不足、重い日本瓦の屋根、シロアリによる腐食などでした。
「老朽化した建物」を始め「1階部分に壁が少ない建物」や「軟弱な地盤の上に建っている建物」は、耐震補強の必要性が高いので、早期に適切なリフォームを実施して、地震に対する耐震性を高めることが必要です。

耐震性を高めるためのリフォームを実施するには、まずは信頼できる建築会社や専門家に依頼して耐震診断を受けるようにします。地方自治体などでも耐震相談の窓口を開設していますので、それらの窓口を利用するのも良いでしょう。

耐震補強が必要な建物

耐震性を高める主なリフォーム

耐震性を高めるための主なリフォームには、地震の横揺れに対して抵抗力を発揮する耐力壁を新たに施したり、補強したりする方法があります。具体的には、壁に筋交いを入れたり、構造用の合板を張るといったことです。壁の量に比べて窓が多い場合は、窓をふさいで壁の量を増やす方法などもあります。
また、地震の際に建物に加わる力は建物の重さに比例するため、屋根や外壁の材質は、軽量である方が地震には強いとされています。したがって、木造アパートの屋根材や外壁材を取り替える場合は、軽い材料を選ぶようにすれば、建物の耐震性を高めることができます。

耐震性を高めるリフォーム ・壁に筋交いを入れる ・合板を張る ・屋根や外壁は軽い素材を選ぶ