リフォームをする

快適な生活環境をつくるために、住まいをリフォームして家具・収納スペースを広くする方法があります。
ここでは、収納スペースを広くするための家具・収納のリフォームについてご紹介します。

収納スペースの広さは、重要な物件選びのポイント

収納スペースは、アパート・賃貸マンションで快適な生活を送るために欠かせないものです。最近では、“収納スペースの広さ”を重視する女性が増えています。しかし、現状の賃貸住宅は、収納スペースが狭いといった傾向が見られます。国土交通省が行なっている「住宅の不満に関する調査」でも、“収納スペースが少ない”ことが長期間に渡り上位を占めています。

今後、入居者様の需要を確保するためのリフォームを行なう場合は、十分な収納スペースを設けると効果的です。特に、ファミリー向けの物件では、納戸やウォークイン・クローゼットなどを設置すると良いでしょう。

≪ 住宅の各要素に対する不満率≫

住宅の各要素に対する不満率のグラフ

壁面に造り付け収納を設置

壁面に造り付け収納を設置アパート・賃貸マンションには、柱や梁などで室内に出っ張り部分がある部屋もあります。普段は邪魔な柱や梁ですが、この出っ張りを隠すよう壁面に造り付け収納を設けると、収納スペースを造り出すことができます。造り付け収納を始めから設置している部屋は、入居者様も引越し時に収納家具を買う必要がないため、特に、たくさんの衣服や私物品などを持つ女性に人気があります。
造り付け収納を設置する際に、収納扉を圧迫感がないよう壁面や建具などと色調の合うイメージの扉やミラー扉に取り替えると、開放感が出て室内を広く見せることができます。
また、家具なども設置して賃貸する場合は、収納家具の色を他の家具の色と統一(カラーコーディネイト)することで、部屋全体をすっきり見せることができます。

デッドスペースを収納に

デッドスペースを収納に収納スペースを確保することが難しい賃貸住宅では、デッドスペース(利用できない空間)を活用することが大切です。部屋の間取りによっても異なりますが、柱の出っ張りなどによってできるデッドスペースに収納棚などを設置しておけば、便利な収納スペースを確保できます。
一階のキッチンや廊下などに、床下収納を設置するのもデットスペースの有効な活用方法です。

押入れをクローゼットに

最近では、和室より洋室に住みたいという入居者様(特に若者)が増えており、和室から洋室にリフォームするケースが増えてきています。この場合、押入れをクローゼットにリフォームしますので、洋風のモダンな雰囲気に変身し、入居も付きやすくなり、空室の目立つ物件には効果的です。
また、クローゼットの奥行きが約60pであるのに対して、押入れの奥行きは約80pあるので、十分な収納スペースを確保できます。リフォーム時に引き出しやスライド家具を設置すると、奥行きの深い押入れも使いやすい収納スペースとして利用できますので、クローゼットを書庫やDVD、コレクションなどの専用収納スペースとしても活用できます。その他にも、扉を物の出し入れがしやすいフルオープンの折り戸にすれば、利用しやすいだけでなく見栄えも良くなります。

押入れをクローゼットに押入れをクローゼットに