リフォームをする

老朽化した建物でも、リフォームを行なえば入居率をアップすることができます。 ここでは、賃貸住宅のリフォームの種類をご紹介します。

賃貸住宅のリフォームの種類

賃貸住宅の主なリフォームには次の5種類があります。

賃貸住宅の主なリフォーム「1.ブロードバンドリフォーム」「2.水まわりのリフォーム」「3.耐震性を高めるリフォーム」「4.内装・外装のリフォーム」「5.家具・収納のリフォーム」

①ブロードバンドリフォーム

ブロードバンドリフォーム入居者様が、インターネットを利用できるよう回線を取り付けるリフォームです。
近年では、アパート・賃貸マンションの入居率を維持するためには、インターネット環境の整備が欠かせなくなっています。 ブロードバンドのリフォームには、特に、光ファイバーやADSL、CATVなどのインターネット環境にする「ブロードバンドリフォーム」が有効です。
詳細は、「ブロードバンドリフォーム」をご参照下さい。

②水まわりのリフォーム

水まわりのリフォーム水まわりの老朽化対策や、最新設備への取り替えのために行なうリフォームです。
キッチンや浴室、トイレなどの水まわりは、入居者様(特に女性)がアパート・賃貸マンションを選ぶ際の重要なポイントになっており、新しい設備機器を取り入れてリフォームすれば、入居者様に快適性や利便性をアピールすることができます。
詳細は、「水まわりのリフォーム」をご参照下さい。

③耐震性を高めるリフォーム

耐震性を高めるリフォーム地震が起きたときに建物が倒壊しないように、建物の柱や壁などを補強するリフォームです。
日本は、地震大国と言われる程地震が多く、入居者様の安全を守るためには、建物の耐震性を高めておく必要性があります。 壁に筋交いを入れる、合板を張る、屋根や外壁に軽い材料を使用するなどのリフォームがあります。
詳細は、「耐震性を高めるリフォーム」をご参照下さい。

④内装・外装のリフォーム

内装・外装のリフォーム古くなった建物の内装・外装の、美しさや清潔感を取り戻すために行なうリフォームです。
築年数が古くても、内装・外装のリフォームがなされ美しく保たれている物件は、入居需要が高く、空室が長期化することもありません。 内装のリフォームはフローリングやクロスの張り替えなどを行ない、外装のリフォームは屋根を塗り替えたり、外壁の張り替えや重ね張りなどを行ないます。
詳細は、「内装・外装のリフォーム」をご参照下さい。

⑤家具・収納のリフォーム

家具・収納のリフォーム家具・収納スペースを確保するために行なうリフォームです。
家具の収納スペースを広くしたり、壁に造り付けの家具を設置したり、お部屋の空間を有効利用するなどのリフォームがあります。快適な生活環境をつくるために、住まいをリフォームして家具・収納スペースを広くしましょう。
詳細は、「家具・収納のリフォーム」をご参照下さい。