なぜ、アパート・賃貸マンション経営をするの?

「土地活用」とは、自分が所有している未利用地や低利用地を、その土地の広さや立地条件などに合わせて現状よりも有効に活用し、「経済的利益」を得ることを言います。

土地活用を行なう主な理由

土地活用を行なう主な理由としては、次の3つがあります。

土地活用を行なう主な理由
  1. 土地を守り次世代へ継承する
  2. 税金を軽減(節税)する
  3. 生活資金を確保する

① 土地を守り次世代へ継承する

土地を次世代へ継承先祖から代々受け継いだ土地や、自分で新たに購入した土地は大切な資産の代表格です。そんな土地を、子どもや孫などの次世代に継承したいと考える所有者が多いのも事実です。しかし、土地は預貯金や有価証券とは異なり、所有しているだけで毎年、固定資産税や都市計画税などの税金がかかるため、土地を維持して守っていくためには大きな経済的負担を強いられます。
そこで、土地にかかる固定資産税などの納税資金を捻出するための手段として行なわれるのが土地活用です。
土地活用の方法としては、土地に建物を建てて貸す「アパート・賃貸マンション経営」などの賃貸事業や、土地そのものを貸す「定期借地」や「駐車場経営」などがあります。

② 税金を軽減(節税)する

所有している土地にアパート・賃貸マンションを建てることで、様々な節税効果があります。
なお、節税効果の詳細については、「アパート・賃貸マンション経営はメリットがたくさん!」をご参照下さい。

固定資産税・都市計画税
賃貸建物が建っていることで、土地の固定資産税や都市計画税が軽減される税法上の特典を受けることができます。
所得税・住民税
アパート・賃貸マンションから得られる家賃収入は不動産所得となり、建物の減価償却費や借入金の金利、固定資産税などが必要経費として認められます。それらを家賃収入から差し引いた赤字部分は損益通算として他の所得から差し引くことができるため、所得税と住民税の節税が可能になります。
相続税
相続が発生した場合、不動産の相続税は時価よりも低い相続税評価額が基準となるため、相続税対策としても効果を発揮します。

③ 生活資金を確保する

土地活用の手段であるアパート・賃貸マンション、貸店舗などの賃貸事業を行なうと、毎月一定の現金収入が得られるため、生活資金にゆとりが生まれます。
また昨今では、公的年金の受取額の先細りなどが不安視されていますが、賃貸事業から得られる収入は「私的年金」や「第三の年金」として公的年金の不安を解消し、老後の安心とゆとりをもたらします。

安定した家賃収入があれば、老後も安心