なぜ、アパート・賃貸マンション経営をするの?

アパート・賃貸マンション経営土地活用の手段として、最も一般的で有効なのがアパート・賃貸マンション経営です。このアパート・賃貸マンション経営とは一体どのようなものでしょうか。

アパート・賃貸マンション経営の仕組み

アパート・賃貸マンション経営とは、都市部やその通勤圏内にある郊外などの土地に、アパートや賃貸マンションを建てて入居者様に住居を提供し、その対価として毎月家賃を受け取る賃貸事業を言います。
アパート経営の一連の流れとしては以下のようになります。

アパート・賃貸マンションの建設→入居者様の募集→入居者様との賃貸借契約→物件の管理→入居者様の退去→再入居者様の募集

アパート・賃貸マンション経営による「収入」には、入居者様から毎月受け取る家賃や入居時に受け取る礼金などがあります。逆に、アパート・賃貸マンションの建築費用を始め、入居者様募集を不動産会社に依頼したときに支払う仲介手数料、建物や入居者様の管理を依頼したときに管理会社に支払う管理費などが「支出」となります。
一般的には、アパート・賃貸マンションの建築資金を金融機関から借入して、毎月得られる家賃収入で借入返済をしていくケースがほとんどです。

手間のかからない安定的な「事業」

アパート・賃貸マンション経営は事業経営のひとつですが、会社経営などとは異なり、営業マンなどの人件費や広告費などがかからず、また、わずらわしい労務管理なども不要で手間がかかりません。
さらに、会社経営は売上など、業績次第で赤字に陥ることもあり、経営上不安定ですが、「アパート・賃貸マンション経営」は確定した収入(家賃収入)が見込めるため、比較的安定した事業であると言えます。

安定した収入

アパート・賃貸マンション経営によるメリット

このように安定した家賃収入が得られるアパート・賃貸マンション経営は、安心して老後の生活資金として利用できるため、“私的年金”や“第3の年金”とも呼ばれています。
また、アパート・賃貸マンション経営は、安定収入が得られるうえに、遊休土地を有効利用しているということで、固定資産税や都市計画税、相続税など、実に様々な税金の優遇措置を受けることができるため、節税対策としても大きなメリットがあります。
詳しくは、「アパート・賃貸マンション経営はメリットがたくさん!」をご参照下さい。

経営努力やノウハウも必要

アパート・賃貸マンション経営は、確定した収入が見込める安定的な事業ですが、事業経営であることには変わりありません。賃貸事業の市場競争にさらされ、アパート・賃貸マンションの入居需要を獲得するための経営努力やノウハウが必要になります。
アパート・賃貸マンションの建設資金(賃貸事業への投資資金)は、入居者様の家賃から回収することになるため、空室が出ないように入居者様にとって魅力あるアパート・賃貸マンションを維持し、入居需要を常に獲得する努力が不可欠です。

「サブリース契約」を締結すれば賃貸経営上の心配事が解消

サブリース契約アパート・賃貸マンション経営を行なうにあたっては、入居需要を獲得・維持するための経営努力と共に、入居者様の募集から家賃の集金、さらに、建物周辺の清掃などの管理も必要になります。
これらの賃貸経営のわずらわしさを解消し、安心して経営を行なうための手段として、賃貸住宅の管理会社と「サブリース契約」をする方法があります。
「サブリース契約」を締結すると、締結先の管理会社などが一括してアパートや賃貸マンションを借り上げてくれるため、入居者様の募集や家賃の集金、また、物件管理などの賃貸経営のわずらわしさから開放されるばかりか、空室となった場合もあらかじめ決められた一定の収入が建物のオーナー様に保証されるため、賃貸経営の最も大きな心配事である空室不安が解消します。
近年では、アパート・賃貸マンション経営を行なう多くのオーナー様が「サブリース契約」による賃貸経営を実施しています。