なぜ、アパート・賃貸マンション経営をするの?

ここでは、土地活用の目的やアパート経営の概要など、大家さんがアパート・賃貸マンションを経営する目的についてご紹介しています。

土地活用って何?

「土地活用って何?」そうお思いの方も多くいらっしゃるでしょう。
「土地活用」とは、自分が所有している未利用地(遊休土地とも言います)※1や低利用地※2を有効に活用して、「経済的利益」を得ることを言います。
大家さんになるために、まずは土地活用の基礎について学んでいきましょう。

土地活用とは、未利用地・低利用地の有効活用で経済的利益を得ること
  • 1 未利用地 … 市街地内の更地、遊休地など有効に活用されていない土地
  • 2 低利用地 … 周辺地域の利用状況に比べて、利用の程度が低い(利用頻度が低い、管理状況が悪い)土地

土地活用によって得られる経済的利益は「収入」と「税金の軽減」の2つ

土地活用によって得られる「経済的利益」には、主に「収入」と「税金の軽減」の2つがあります。
「収入」とは、他人に土地を貸したり、土地に建物を建てて貸したりすることにより、その対価として得られる地代や家賃などの現金収入を言います。
また、「税金の軽減」とは、土地を所有していると毎年かかる固定資産税や都市計画税、さらに、相続が発生したときにかかる相続税の税額を少なくすることを言い、「節税」とも言います。

≪ 土地活用によって得られる経済的利益 ≫
  • 収入
  • 税金の軽減

土地活用の方法は

土地活用は、主に「収入」を得ることと、「税金を軽減」することを目的として行なわれますが、その主な方法としては、①土地に建物を建てて貸す、②土地を貸すの2つの方法があります。
「土地に建物を建てて貸す」方法の代表例としては、「アパート・賃貸マンション経営」が挙げられます。
一方、「土地を貸す」方法には、「定期借地」や「駐車場経営」などがあります。

土地活用の方法

土地活用の方法は専門家に相談して選ぶことが大切

土地活用の方法は、住宅地や商業地、広い土地や狭い小地など、土地の立地条件や特徴などによって左右されます。
また、現金収入を得ることをメインにしたい、固定資産税などの節税をメインにしたい、相続時の遺産分割をスムーズに行ないたいなど、土地所有者自身の目的や都合によっても選択する土地活用の方法が異なってきます。
そこで、土地活用を行なう場合は、税制や法律をはじめ、土地活用に関する正しい知識を持った土地活用の専門業者やハウスメーカーに相談することが大切です。

土地活用の方法は専門家に相談して選ぶことが大切