大家さんはまずこれを知っておこう

アパート・賃貸マンションを建てるにあたって、大家さんとして知っておきたい建物の構造・材質・工法などをご紹介します。

主な建物の構造と工法

アパートや賃貸マンションの構造は、「木造」・「鉄骨造」・「鉄筋コンクリート造(RC)」などが一般的です。

「木造」とは?

「木造」とは、主要構造部に木材を使用した造りの建物のことです。他の構造と比較して建築コストが安く、減価償却期間が短いため、キャッシュフロー(資金収支)が良いなどのメリットがあります。
主な工法には、柱や梁(はり)を組んで構造体とする「在来工法」と、枠組みと面材(パネル材)で、天井・壁・床を構成する「ツーバイフォー(2×4)工法」があり、その特徴は次のようになります。

≪ 在来工法とツーバイフォー(2×4)工法の特徴 ≫

在来工法 伝統的な日本の建築工法。「軸組み工法」とも呼ばれている。柱や梁を組んで造った構造体に屋根を載せ、さらに壁や窓などを造るという工法。壁の配置に制約が少なく、設計の自由度が高いというメリットがある。
ツーバイフォー
(2×4)工法
北米で開発された建築工法のひとつ。「枠組壁工法」とも呼ばれている。パネル化された壁や床などの「面」で家を構成するのが特徴で、頑丈で耐震性・気密性・断熱性に優れている。在来工法と比べて施工が簡単で、比較的工期が短いというメリットがある。

「鉄骨造」とは?

「鉄骨造」とは、柱や梁に鉄骨を使用した構造の建物のことです。「鉄骨造」には、主に、建物の骨組みに軽量形鋼(けいりょうかたこう)を使う「軽量鉄骨造」と、重量鉄骨を使う「重量鉄骨造」、柱には軽量鉄骨を、土台や梁には重量鉄骨を使う、弊社独自開発の「高耐震重軽量鉄骨造」の3種類があり、その特徴は次のようになります。

≪ 主な鉄骨造の種類とその特徴 ≫

軽量鉄骨造 建物の骨組みに、重量が軽いにもかかわらず、耐久性・加工性に優れた「軽量形鋼」を使った構造のこと。柱と梁以外に、木造軸組工法でいうところの「筋交い」に当たる「ブレース」と呼ばれる鋼材が使われているのが特徴。
重量鉄骨造 建物の骨組みに、軽量鉄骨の数倍(厚さ6mm以上)の肉厚を持つ、重量鉄骨を使った構造のこと。ハイテンションボルトや溶接などで組み立てる。耐震性・耐久性に優れた構造で、低層住宅から高層ビルまで、幅広い範囲で採用されている。
高耐震重軽量鉄骨造
(東建コーポレーションオリジナル)
建物の柱に軽量鉄骨、土台や梁に重量鉄骨を使った構造のこと。異なる種類の鉄骨を使い分けることによって、建物の軽量化を図ると共に、柱と独自に耐力フレームをバランス良く配置することで、優れた耐震性と耐久性を実現している。(弊社が独自に開発した工法。特許・実用新案取得。)

鉄筋コンクリート造(RC)とは?

「鉄筋コンクリート造(RC)」とは、建物の骨組みを鉄筋コンクリートで構成した造りの建物のことです。技術開発の進展に伴い、鉄骨造と鉄筋コンクリート造の長所を兼ね備えた鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)なども登場しています。

≪ 主な鉄骨コンクリート造の種類とその特徴 ≫

鉄筋コンクリート造
(RC)
建物の骨組みを鉄筋コンクリートで構成した構造のこと。鉄筋を縦・横の格子状に組立て、それを「型枠」と呼ばれる木製枠で囲み、その中に隙間なくコンクリートを流し込んで、基礎から屋上までを一体化させた構造のこと。耐火・耐震・耐風性に優れていること、設計の自由度が高いことなどが特徴。
鉄骨鉄筋
コンクリート造
(SRC)
鉄筋コンクリートに、鉄骨を内蔵させた建築構造。比較的小さい断面で、強い骨組を作ることができる。粘り強さがあるため、耐火・耐震・耐風性に優れ、高層マンションで多用されている。

各構造の特徴を比較すると…

これまでにご紹介した建物の構造の特徴を比較すると、次のようになります。

≪ 各構造の特徴比較 ≫

  木造
(在来工法)
木造
(ツーバイフォー)
軽量
鉄骨造
高耐震
重軽量鉄骨造
重量
鉄骨造
鉄筋
コンクリート造
鉄骨鉄筋
コンクリート造
耐震性
耐火性
耐久性
気密性
遮音性
建築コスト
改装・改築
通気性

◎…優 ○…良 △…可

アパートと賃貸マンションの違いは?

賃貸物件の代表的な呼称である「アパート」と「賃貸マンション」。この2つの呼称には、明確な規定がなく、広告を出す不動産会社によって表現はまちまちです。一般的には、木造や軽量鉄骨造の準耐火構造で、一棟当たりの戸数が少ないものが「アパート」、鉄筋コンクリート造(RC)や鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)の耐火構造で、一棟当たりの戸数が多いものが「賃貸マンション」と呼ばれています。
「アパート」と「賃貸マンション」の特徴は、次のようになります。

  • 東建コーポレーションでは、2階建ての建物を「アパート」、3階建て以上の建物を「賃貸マンション」と区分しています。

≪ アパート・賃貸マンションの特徴 ≫

アパート
  • 木造、もしくは軽量鉄骨造である
  • 2階建てで一棟当たりの戸数が少ない
  • 建築費が安いため、賃料が比較的安い
  • エレベーターがなく、管理人もいない場合が多く、管理費が安い
  • 構造次第だが、遮音性・耐火性・耐震性などはマンションに少し劣る
賃貸マンション
  • 鉄筋コンクリート造(RC)、もしくは鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)である
  • 高層住宅を建てることが可能
  • 遮音性が高い
  • 高級感がある
  • 建築費がかかるため、賃料がアパートよりも高い
  • エレベーターがあったり、管理人がいる場合が多く、管理費が高い