人気の間取りと外構計画

安定した賃貸経営収入を得るためにも、入居者のニーズに合わせて人気の間取りや、外構計画を知っておく必要があります。

人気の間取り

最近は、居室を細かく区切らない間取りが人気です。例えば、3DKよりも2LDKというようにLDKが広いタイプが好まれています。このように、入居者のニーズに応えることで、安定した賃貸経営が可能となります。ただし、人気の間取りも時代とともに変化しています。将来を見据えたうえで、入居者のニーズに合った間取りを採用することが大切です。

人気の間取り

外構計画

入居希望者は、入居する物件を決める前に必ず部屋の下見をします。その時、入居希望者の目に飛び込んでくるのが、建物の外観やデザインであり、この第一印象が入居を決める際の大きな判断材料となります。建物自体の外観やデザインはもちろん、敷地に対する建物の配置及び外構にも注意が必要です。いくら建物のデザインがよくても、敷地内にポツンと建物があるだけでは入居者にアピールできません。道路からのアプローチ、門、塀、植栽などにも十分に考慮する必要があります。

グレード感を出すために

アーチ

アーチ

戸建住宅の門扉にあたるアーチ。格調が高くなることから設置するところが多くなっている。

植栽

植栽

アプローチやエントランス付近には低木と中高木の組み合わせ、隣地との境や駐車場との境には中木・高木。緑が建物の美観をアップしてくれる。

豊かな生活の演出のために

アプローチ

アプローチ

道路からエントランスにかけては、インターロッキングなどを敷くことで高級感が醸し出される。

花壇

花壇

四季を感じることのできる緑は、人の心に安らぎを与えてくれる。建物の外壁とマッチさせた造りの花壇などに、建物をグレードアップさせる効果がある。

入居者の利便性を考えて

駐輪場

駐輪場

乱雑になってしまいがちな自転車をすっきりさせるために、駐輪場は広めが基本。また、生活動線を考えた設置がポイント。

駐車場

駐車場

都市・郊外を問わず、駐車場は不可欠。郊外は戸数分が必要、貸店舗などテナント併設の場合は、さらに多い台数が確保できるよう建築計画の段階から考えておくことが大切。

ゴミステーション

ゴミステーション

カラスや猫を原因としたゴミの散乱を防止。臭いもこもらないので、入居者が気を使わずにゴミを出せる。